㊙治るのは?

こんにちは、ミツジです。

先日から、肩が痛かったため
1/5㈫にある整体にいきました。

私の方から整体師の方に、

「痛みがあるのは、体が歪んでいるからでしょうか?」

と聞くと整体師の方は、

「右側の骨盤が歪んでいるために
左側の肩がバランスを取ろうとして
痛みが生じているようですね」

と教えてくれました。

そしてその後、施術をしてもらったが
思ったほど痛みは治りませんでした。

 

そして今日、定期的にお世話になっている

整体師の方のところに行きました。

 

先日、別の整体師の方に
歪みが原因だと言われ対応していただいたけど
治らなかった話をした。

すると、整体師の方は、

「歪みというのは、

必ずしも良くないということではない。

歪みが、その人にとって、大事な場合(正常)もある。」

心臓だって、体の左側にあるために
どうしても、左のバランスを取るために
右側に負担がある場合がある。
それは、その人の歪みであっても
ベストな状態である場合でもある。

僕の施術は、歪みというより、その人の体を直接触って
固い筋肉をほぐすことで痛みが和らぐようにサポートしている」

と説明してくれた。

そして、ほぐしてもらったが、

それでも、私が完治と思うほどの痛みは治っていなかった。

しかし、最初の初めて行った整体師の方も、

定期的に通っている整体師の方の言い分は

どちらも正しいと思う。

きっと、この次も二人の整体師のところに行きます。

ただ、ここでわかったことは、
治すのは、整体師ではなく
自分であるということ!

 

私が体験したそれぞれ整体師は、

技術や経験、アプローチ、話術などなど様々違うが

私の望む左肩の痛みを軽くするための対応をしていることは間違いない。

それにも関わらず、私がなぜ左肩が

「いまだに痛いのか?」

ということを、自分自身に向けて確認することが一番大事なんだということがわかりました。

有名な言葉で、

医者はあなたの怪我を治す「手助け」はできますが、

あなたの怪我を治すのはあなた自身(体自身)です。

ということ。

あなた以外の周りの人たちは、

あなたを助けることはできますが、

あなた自身が体を治すのはあなた自身です。

この意味自体がわからなければ、きっと怪我や病気は治りません。

逆にこの意味が分かる人にはきっと良い「流れ」がやってきます。

 

きっと多くの人たちは、

「どうしてその痛みが発生したのか?」

ということに目を向けずに、

この整体師たちの事を悪く言ったりすることでしょう。

でも、先ほど言いましたが、一番自分の体調を知り

的確な整体師を選ぶのは依頼者の責任です。

だから、自分に責任があるのではなくて、

全てのことはまずは、自分自身に責任があると決めると

物事はシンプルに流れ運び、物事がきっとうまくいきます。

 

長くなったので、ここでまで。ではまた♪

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です