家系図

似た人が出る!

似た者同士.jpg
「家計を科学する」という本の中で、与那嶺さんは
「数代前の先祖の行いが何代にも亘って子孫に影響をする」
と言っている。
良いことも、悪いことも、どちらも影響を与える。
嬉しいことに、
「努力し成功した面も子孫にはしっかり伝わっていく」
ようだ。
これらは、「家系の特徴」のように言われる。
「離婚・再婚を繰り返す家系」
「子どもができず養子をもらう家系」
「外国に移住する家系」
「教育者の家系」
など・・・
それぞれの家系に特徴がある場合がある。
それは、
「何代にも亘りよく似た人が出るから」
なのだと言う。
そうだとすれば、先祖から受け継いだ悪い習慣や性癖などより、
「自分が子孫に与える影響」を真剣に考えて行動する必要がある。
しかも、「何代にも亘り影響する」ことを考えると、
特に「愛」については、「理性を持って行動する」方がいい。
仕事や生活、考え方においても見直す必要が出てくるかもしれない。
購入はこちらから

家系を科学する [ 与那嶺正勝 ]

価格:1,440円
(2017/12/6 22:01時点)
感想(6件)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。