アロマサロン エンパワー

ドテラは人々に力を与える!沖縄県うるま市でアロマ教室を行ってます。健康的な生活のための新習慣を提案。ドテラエッセンシャルオイルを使用したアロマタッチトレーニングも開催しています!

この画面は、簡易表示です

自殺

うつ病、離婚、暴力 増加の原因

(Eさんからの報告)

***

アメリカでは
痛み止め中毒症になって
うつ病、離婚、暴力増えているんです。

社会問題になっています。

私が研究して実際に
犯罪者の方々をサポートする
活動している医師たちから
直接聞いた話では、
強姦魔、殺人犯の方々のうち

95%以上が

うつ病の薬を飲んでいた

と言うこともわかっています。

薬によるダメージで脳にも影響があり、
それこそ悪霊が入りやすくなる
信じている人も少なくないんです。

通常の人間がしないことを
するように促してしまうのですね。

 

薬の害をもっと私たちは
真剣に学ぶ必要があります。


追加:


⚫︎私の友人のご主人は、

自分が鬱だと10代の頃から

わかっていたそうです。

 

でも薬を使わずにずっと

どうにか乗り越えてきたのに、

50歳過ぎた頃から

うつ病の薬を摂取し続けて

その12年後

自宅のガレージで自殺しました。

 

奥様は薬の影響だと感じていました。

 

⚫︎親しくしていたDさんは

精神科の病院で

長年看護師として働いていました。

 

ある時、

目が悪く運転できないデビーさんが

職場に大切な用事があるからと

送迎を依頼されて、連れていきました。

 

彼女曰く、:

 

“私は長年こちらに入院してくる

患者さんたちを看護し続けてきました。

 

入院してきた頃の患者さんたちの目には

希望とよくなりたい願いと、

目の輝きもいくらか見れる時もありましたが、

入院して日が経つに連れて、

患者さんたちの目は死んだようになり、

薬漬けになり、

廃人になっていくのを目にしてきました。

 

入院で治療でよくなった人を

1人も見たことがありません。

 

私はこれ以上生きて

癒されるはずの人を、

薬漬けにして廃人のように

する仕事には関わっていけません。“


そうです。

 

彼女は退職届を出しに行ったのです。

 

精神科で働いている友人からも、

これと全く同じことを聞きました。

 

彼女も苦しんでいました。

 

患者を助けていないとわかりながら、

薬を与えていく仕事が

とても辛いと言っていました。

 

 




top